中小企業診断士けんけんの部屋

中小企業診断士及び銀行員として受験対策や日常業務を気ままに伝えます。中小企業診断士多年度生に特にお勧めします。

SWOT分析について考える①

おはようございます。中小企業診断士のけんけんです。

 

昨日まではペッパーフードサービスについて分析してきました。

どうでしたか?

肉が無性に食いたくなりましたが、私は今日人間ドックなので・・・。

頑張って胃カメラを飲んできますか。

 

今日から診断士ネタに戻りますね。

2次試験ではSWOT分析が重要であると教えられますね。 

SWOT分析・・・。中小企業診断士の基本です。

私も2次試験受験当初はSWOTをそれぞれ違う色のマーカーでチェックしていました。問題用紙が超カラフル・・・。

しかし、SWOT分析した結果を解答に反映できていますか?

f:id:kenken7749:20200910045840j:plain

そもそも80分の試験時間な中で、SWOT分析は行う必要があるのか?という問題も起こります。リアル企業診断ではSWOT分析は必須でしょうが・・・。

 

私はSWOT全てをマーカーを引いてチェックする事は止めました。

SWOT分析を抽出するだけでは意味が無いと思ったからです。

 

では80分の試験時間の中でSWOT分析をどう考えたら良いでしょうか?

今日は強みについて考えてみましょう。

 

①S(強み)

事例毎に強みに対する考え方が異なっています。

これを意識出来ているでしょうか?

 

事例Ⅰの場合はどうでしょうか?

事例Ⅰは組織・人事事例です。事例ⅠのA社は組織の強みに焦点が当たります。

そして前提として事例Ⅰは戦略を意識する事が重要です。

事例ⅠはA社の戦略面の強さと組織の強さが連動していきます。

戦略・組織・人事の連動性が意識出来れば事例Ⅰに対するレベルが上がっている証拠だと思います。

 

例えば事例Ⅰにワンマン社長が登場したとします。

超カリスマ社長です!!

しかし事例Ⅰの場合、個の力はあまり要りません。

個の力を組織の力に変えていく必要があります。コミュニケーションを促進してノウハウを共有する必要があります。

 

特に事例Ⅰは強みの維持・強化が重要ポイントになりますので・・・。

 

事例Ⅱの場合はどうでしょうか?

個の力はB社の貴重な経営資源になります。

令和元年事例Ⅱを思い出して下さい。社長とYさんの従業員2名です。2名で組織力といってもね・・・。

事例Ⅱは個の力はそのまま活かしていきます。B社の個の力、B社従業員の個の力、X市の個の力(X市は個とは言わないと思いますが・・・)力と力をぶつかり合うイメージです。事例Ⅰのようにノウハウを共有して組織の力にはしません。力と力のぶつかり合いによって売上に直結させるイメージです。

個の力を連呼すると、本田圭佑みたいですが・・・。いやKeisuke Hondaですかね。

 

事例Ⅲの場合はどうでしょうか?

事例Ⅲの場合はアンゾフの成長ベクトルの視点が重要です。

事例Ⅲは製造面と市場面(営業面)の両方で強みを考える必要があります。

 

事例ⅢのC社が製造業だからといって製造面の強みだけでは無いことが重要になります。そしてC社では製造面は凄く良いものがありますが、営業面がイマイチという企業が良くあるパターンです。

以上から製造面と市場面の強さを両面から考えて解答をする必要があります。

 

事例Ⅳは強みを活かすといっても、さまざまですね。今後をD社をどうしましょう?みたいな戦略問題が出題された場合は、与件文からD社の強みを活かす視点は重要です。

事例Ⅳは強みはパターン化出来ませんね。

ただ事例Ⅳはただの計算の試験では無いことを意識して下さい。

 

事例Ⅰから事例Ⅳで強みの活かし方が全く違う事が分かりました。

 

そろそれ事例Ⅰから事例Ⅳの特徴や違いを説明出来るようになりたいですね。

もう説明できる人はレベルが高い証拠だと思います。

 

私はS(強み)はマーカーチェックしましたね。

基本マーカーは2本程度に抑えていましたが、事例企業の強みは漏らしたくないです。

特に事例Ⅱでは強みである経営資源がキーワードレベルで与件文に登場します。

B社、B社社長、B社従業員、X市、それぞれに強みとなる経営資源がありますので、与件文を読み取り整理する力が必要になります。

 

では今日はここまでにします。

 

ではまた明日へ。

参考になりましたら、是非猫クリックをお願いします。私のモチベーションが上がりますので・・・

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

リアル企業を分析してみよう⑤

おはようございます。中小企業診断士のけんけんです。

ブログ村参加してますので是非応援ポチを宜しくお願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

 

ペッパーフードサービスの分析が続きます。

今日は、ペッパーランチ事業について書いていきます。

f:id:kenken7749:20200906182829j:plain

ステーキについて毎日書いていますので、牛さんがどことなく悲しげに見えますね・・・。哀愁の牛ですわ。

 

ペッパーフードサービスの部門別PLを貼っておきます。

f:id:kenken7749:20200906183103p:plain

いきなり!ステーキ事業は赤字ですね。これは今まで述べてきた通りです。

本社・その他も赤字が大きいですね。

ペッパーランチ事業は安定の黒字ですね。でも2021年12月期からは業績が入っていません。

昨日の再建案でも紹介したとおり、ペッパーランチ事業は売却という事です。

 

本来であれば、セグメント別会計で不採算部門を撤退させるのがセオリーでしょうが・・・。

安定的な利益を計上させていたペッパーランチ事業を売却する事は良く分かりません。

売却せざるを得なかったと言った方が良いのでしょうか・・・。

 

診断士試験的に考えると事例Ⅳセグメント会計において、撤退するか?しないか?といえば何で判断しますか?

貢献利益ですねこの論点は良く出題されて、簡単な論点なので取りこぼしが無いようにして下さいね。

 

今後の再建スキームをこちらに貼っておきます。

f:id:kenken7749:20200906224029p:plain

この経緯は6月1日に突如会社分割の発表を行います。

ペッパーランチ事業を株式会社JPに移管しています。

f:id:kenken7749:20200906224634p:plain

これから予測する事は、この2つです。

①業況が悪化した「いきなり!ステーキ」事業が倒産した際に、業績が良いペッパーランチ事業を残しておきたいから

ペッパーランチ事業を本体から切り離すことにより事業譲渡を行いやすくしたため

ペッパーランチ事業は業績が良いのだから通常は前者である①のパターンを想定します。

しかし、蓋を開けたら②のパターンでした。

f:id:kenken7749:20200906225106p:plain

f:id:kenken7749:20200906225147p:plain

f:id:kenken7749:20200906225208p:plain

なんとペッパーランチ事業を85億円で売却しました。

ペッパーフードサービスの資金繰り状況を見たらしょうがない決断なのでしょう。

この売却資金はリストラクチャリング費用に使われるとの事です。これで当面の資金繰り問題はとりあえず大丈夫なのでしょうね。

また2020年12月期に約70億円の特別利益を計上を予定しています。税引後利益がいくらになるか分かりませんが、相当な利益を計上するはずです。

ここで思い出して欲しい事は㈱ペッパーフードサービスは大幅な債務超過であった事です。2020年12月期に大幅な利益を計上する事により利益剰余金が増加されて債務超過は解消されます。これで財務体質の改善につながります。

 

さて、これからは収益源であるペッパーランチ事業を失ってしまい、いきなり!ステーキ事業の収益性改善が一番のメインテーマになります。

ペッパーランチ事業を売却する事は悪い言葉で言えば時間稼ぎでしかありません。

 

f:id:kenken7749:20200906235909p:plain

f:id:kenken7749:20200907000059p:plain

でもこれから厳しい船出でしょうね。コロナの影響もまだ続きそうですし・・・。

そもそも現状では高い原価率により粗利ではあまり稼げません。立ち食いステーキにより回転率を重視するスタイルです。コロナによりそもそも客数が少なくなっているので回転率に頼れません。

中小企業診断士的にはこだわりの肉を使って高付加価値戦略をする事が定番でありますが・・・。

素朴な疑問として社長交代は無いのね・・・。これだけイケイケで経営危機に陥ったのに急に方向転換が出来るのでしょうか?

これから目が離せませんね。

私個人的には切り離されたペッパーランチがどうなっていくのか?変な足かせが無くなって、売上が伸びたりして・・・。

では㈱ペッパーフードサービスの分析はここまでにします。

肉食いてー。しかし、明日は人間ドックなので辞めときます。

ではまた明日へ。

参考になりましたら、是非猫クリックをお願いします。私のモチベーションが上がりますので・・・

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

リアルな企業を分析してみよう④

おはようございます。中小企業診断士のけんけんです。

ブログ村参加してますので是非応援ポチを宜しくお願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

 

ペッパーフードサービスの分析が続きます。

かなり経営が危ないペッパーフードサービスですが今後はどうなんでしょうか?

f:id:kenken7749:20200906170703j:plain

同社の今後の課題と債権方針について記載がありましたので貼っておきます。

 

f:id:kenken7749:20200906161242p:plain

f:id:kenken7749:20200906161400p:plain

 

いきなり!ステーキについては、やはり不採算店舗の撤退ですよね。

もう既に店舗削減を図っておりますが・・・。

もともと多店舗展開によるカニバリなどが問題でしたので。

中小企業診断士試験的に言うと有形固定資産回転率の改善を図るといったところでしょうか。固定費削減も図れます。

固定費削減→財務レバレッジ改善→売上変動リスクを下げるなんて見方も出来ます。

 

商品戦略の原点回帰

メニュー施策乱発とあります。私は決まりきったメニューしか食べない人間なのであまり意識していませんでした。

メニューは多すぎると良く無いですね。診断士も品揃えは絞るなんて論点ありますし。

メニューが多すぎ→原価がかかる→収益力低下に繋がります。

診断士試験でも「しょうゆ」の事例であったと思います。商品はバンバン追加しちゃって商品ラインアップが増え過ぎて・・・みたいな感じでした。

売れ筋商品に絞るが基本路線だと思います。

商品戦略の原点回帰とありますので、「いきなり!ステーキとしてどうお客様を喜ばすかのか?」を再び考えた商品戦略に戻るのでしょうね。

 

立地別特性の分析

 牛肉の食べ方で立地別・地域別特性があるのかは、私にはさっぱり分かりません。

私は「ステーキ宮」という栃木を中心に展開するステーキ屋くらいしか行かないので。

「こだわり無し男」の私には良く分からない世界です。

診断士試験は「こだわりの○○」で勝負しますので、私もこれからは、いろいろな事にこだわっていきたいですね。

この会社も地場企業でしたが、いまやカッパ寿司などを展開するコロワイドグループの傘下に入りました。

地域や立地に合わせた商品展開というからには、各店舗の店長にメニューを決める裁量を権限委譲しなければなりません。

何となくワンマン企業のイメージがありますが、今後どうなんでしょうね?

要チェックといったところでしょう。

因みに都道府県別牛肉消費量ベスト3は三重・奈良・京都らしいですね。

関西が多いという事で。勉強になりました。

 

SNSキャンペーンの実施

もうSNSは必須ですね。診断士試験事例Ⅱでも頻出で出題されます。

診断士試験的にはSNSといえば①情報の発信②情報の収集③顧客間の相互交流といった論点で解けると思いますが。

でも今はどこの企業もSNSをやっていますので、インパクトをどこで出すかにかかっていると思います。

SNS出だしの頃はそれで差別化になったのですが、今はどの企業もやっているのでそれが標準になってしまいます。

前澤社長の「お金配りキャンペーン」に勝てるインパクトはなかなか無いと思いますね・・・。

 

いきなり!ステーキはそんな感じの方策です。

 ペッパーランチ事業は売却とあります。これはまた明日の記事で取り扱いします。

結構な衝撃を受けましたので・・・。

 

それ以外はレストラン事業と本社事業の見直しがあります。

レストラン事業はその通りという感じです。

本社機能は診断士試験でも良く出題されますね。本社は金を稼がない論点というべきですか・・・。

事例Ⅳとかで有形固定資産回転率を悪くする際に登場するのが「えらい金をかけて本社を建設するパターン」です。

それも計画があまり決まって無いのに、土地だけ買っちゃうパターン・・・。

土地を買っただけでは売上に何も貢献しないので有形固定資産は悪くなるのに決まっています。

それに何故か短期借入金で購入しちゃうので、流動比率を圧迫して短期安全性が壊滅的になるパターンです。

有形固定資産購入も計画的にね!!という感じで今日は終わりにしたいと思います。

 

また明日もこのネタでいきます。

参考になりましたら、是非猫クリックをお願いします。私のモチベーションが上がりますので・・・

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

リアルな企業を分析してみよう③

おはようございます。中小企業診断士のけんけんです。

ブログ村参加してますので是非応援ポチを宜しくお願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

  

今日はペッパーフードサービスの安全性分析の続きです。

もうすでに安全性は低いことは分かると思いますが・・・。

f:id:kenken7749:20200906121810j:plain

 

では2020年12月期第2四半期決算短信を貼っておきます。

 

f:id:kenken7749:20200906105457p:plain

f:id:kenken7749:20200906105533p:plain

 昨日は短期安全性である流動比率がヤバい事になっていましたね。

今日は自己資本比率の観点から分析します。

まず目がいく事が純資産合計です。純資産合計がマイナスになっています。

この時点で債務超過確定です。

私は地方の中小企業相手の銀行員なので債務超過の決算書は違和感無いですが、株式上場している企業で債務超過はかなりヤバいのでは・・・。

 

安全性が低いと何が問題になるでしょうか?

資金調達しずらい・・・そりゃそうですよね。安全が低い所に融資するとデフォルト(倒産)リスクが大きくなりますし・・・。

株価減少・・・株価が減少し続ける株は買いませんよね。もし保有しても損切の対象になります。

 

ペッパーフードサービスの株価推移です。

2017年終値  5,030円

2018年終値  2,882円

2019年終値  1,259円

2020年終値    413円

右肩下がりで推移しています。2018年頃と言えばまだいきなり!ステーキが好調なころのはずですが、投資家の間では「あの企業イケイケすぎるんじゃない?」という噂があったのでしょうか?良く分かりませんが、とにかく株価は右肩下がりですね。

 

診断士2次試験的に考えて見ましょうか?

自己資本比率の低下は内部留保の低下になります。

企業は赤字を計上すれば内部留保がマイナスになります。

内部留保を食いつぶすという表現をしますね。

 

ペッパーフードサービスは積極的な店舗拡大路線を図りました。

それには資金調達が必要です。

通常の流れで考えます。

長期借入金の増加→店舗投資→売上増加→利益増加→内部留保増加→自己資本増加というサイクルになればベストです。

良く言われる事が「借入金が増加」する事を「悪」とする考え方ですが、別に悪いわけではありません。ちゃんと投資により売上増加及び利益増加すれば企業規模拡大に繋がるわけです。

ペッパーフードサービス

長期借入の増加<負債の増加>→店舗投資<資産の増加>→売上大幅減少→利益大幅減少→内部留保激減みたいなイメージです。

この負債→資産→売上→利益→資本というイメージを持つと財務の流れが分かりやすいと思います。

 

・店舗投資<資産の増加>→売上減少することは何を意味しますか?

有形固定資産回転率の低下を表します。

店舗投資に対して売上への貢献度が低い状態です。

 

・長期借入の増加<負債の増加>→利益減少は何を意味しますか?

負債比率の増加を表します。

借入が増えて、自己資本が低下しています。

 

・店舗投資<資産の増加>→利益減少は何を意味しますか?

自己資本比率の低下を表します。

総資本が増えているのに、自己資本が低下しています。

 

この流れが分かれば、財務分析が面白くなると思います。

ただ単発の指標だけを見ても、経営の流れが分かりません。

 

CF計算書もこちらに貼っておきます。

f:id:kenken7749:20200906130943p:plain

2019年6月期に注目すると

営業CFはマイナスの状態で、投資を行っている事が分かります。

営業CFがマイナスなので、本業で稼いでおりません。本業で稼いでいないにも関わらず、借入及び手元資金を取り崩してまで投資しています。

そこまでして投資にこだわってしまったものはなんでしょうか?

もしかして「ゆでガエル」状態だったのでしょうか?

これは良く分かりませんが、冷静な目で見れば投資やり過ぎだと思いますが・・・。

 

次に2020年6月期のCF計算書を見ます。

営業CF    △2,430百万円

投資CF       △164百万円

FCF            △2,594百万円

期首現金残高  2,469百万円

小計      △125百万円

この時点で現金が足りません。

この状況から昨日紹介した取引先の社長からの借入が必要だったわけです。

かなり状況は逼迫していたことが分かりますね。

 

今日はここまでにします。また明日もこのネタでいきます。

参考になりましたら、是非猫クリックをお願いします。私のモチベーションが上がりますので・・・

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

リアルな企業を分析してみよう②

おはようございます。中小企業診断士のけんけんです。

ブログ村参加してますので是非応援ポチを宜しくお願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

 

今日は「リアルな企業を分析してみよう」という事で引き続きペッパーフードサービスについて書いていきます。

今日は決算短信かの数値から実際の経営分析をしていきます。

f:id:kenken7749:20200906065837j:plain

 2020年12月期第2四半期決算短信(連結)を掲載します。

まずは貸借対照表からです。

 

f:id:kenken7749:20200905223603p:plain

f:id:kenken7749:20200905223653p:plain

2020年6月の数値を見ていきます。
流動比率 33.17%

これいきなりヤバくないすか・・・。

流動比率は100%以上ないと短期安全性が・・・。

この数値の要因は何でしょう?

短期安全性といえば資金繰りが大きく影響していきますので、その観点からも分析していきます。

 

流動比率流動資産÷流動負債ですね。

 

①まずは流動資産から見ていきましょう。

資金繰りに悪さをする勘定といえば、売掛金と商品です。

売上債権と棚卸資産が増えるとCFにおいてはマイナスの影響を及ぼします。

以前資金繰りについての記事を書いた時に紹介しましたが、正常運転資金という考え方があります。

正常運転資金=売上債権+棚卸資産ー支払債務です。

この数値が大きければ、その分運転資金が必要になります。

 

ペッパーフードサービスでは

売掛金 2,286百万円 → 1,300百万円 

商品    449百万円 →    268百万円と減少しています。

資金繰り上ではプラスの影響を及ぼします。

f:id:kenken7749:20200906084754p:plain

しかし、売上が52%減少していますので、売掛金、商品も半減しているのは当然ですね。

流動資産合計も7,486百万円から5,559百万円と減少しています。

 

②流動負債です。

流動負債合計が14,910百万円から16,758百万円に増加しています。

もうこの時点で流動比率が悪化している事が確定します。流動資産と桁数も違いますし。

買掛金は減少しています。正常運転資金の観点から考えると

<正常運転資金>

2019年12月期 △3,827千円

2020年 6月期  △2,877千円

理論上では運転資金は要らない事になります。

 

ではなんで流動負債が増加したのでしょうか?

短期借入金が急上昇していますね!!

短期借入金は2019年12月はありませんでした。しかし2020年6月期は3,146百万円増加しています。「いきなり!!借入」みたいな感じになっています。

ペッパーフードサービスのIR情報にこんな記載がありました。

f:id:kenken7749:20200906092227p:plain

取引先の社長に20憶円借りたそうです。それも返済期日2か月・・・。銀行でも無く、取引先でも無く、取引先の社長に20憶です。

銀行に行っても借入に時間がかかると判断したのでしょうか?

その実態は分かりませんが、そうとう資金繰りに急を要した事が考えられるます。

もともと多店舗経営が失敗した事に加えて、コロナウイルスの影響による売上減少が半端ない事を意味しています。

 

エスフーズ㈱は「こてっちゃん」を製造している会社です。

こてっちゃん」は知っていましたが、エスフーズ㈱は馴染みが無かったです。すいません・・・。

エスフーズ㈱自体も「こてっちゃん」という食品メーカーです。コロナの影響を受けていないかというと、そんな事はないはずです。

 

f:id:kenken7749:20200906100134p:plain

利益は出していますが、やはり利益項目は減少しています。

こてっちゃんは冷凍食品でありコロナの外食自粛の影響下では選ばれた商品かも知れません。でもサプライチェーン全体がコロナの影響を受けていますので、やはりエスフーズ㈱も影響を受けています。

そんな中で会社として20億円を経営が厳しいペッパーフードサービス㈱に融資するでしょうか?たぶんしないでしょう。

個人借入でも利益相反行為になるのでは無いかという疑問はありますが、これは少し置いておきましょう。

あくまでも取引先の社長にお願いして、なんとか資金繰り難を逃れたという事だと思います。

これを見るとコロナウイルス待ったなしと言えるかも知れません!!

短期安全性は資金繰りと直結します。

今の時代に倒産する要因は資金繰りが一番では無いでしょうか?それだけ資金繰りの重要性は高いと思います。

ではきょうはここまでにします。ではまた明日へ続きます。

参考になりましたら、是非猫クリックをお願いします。私のモチベーションが上がりますので・・・

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村