中小企業診断士けんけんの部屋

中小企業診断士及び銀行員として受験対策や日常業務を気ままに伝えます。中小企業診断士多年度生に特にお勧めします。

本試験当日の心構え

おはようございます。中小企業診断士のけんけんです。

 

このブログは多年度受験生を応援するブログをコンセプトに開始しました。今年は絶対合格するぞ!という想いは強いでしょう。

診断士2次試験は1年に一度しかない試験という要因もあり、気合いが空回りして普段通りの力を発揮できない人が多いような気がします。

合格を勝ち取ろうとするあまり「いつも通りの行動が取れない事」が主な原因のような気がします。

f:id:kenken7749:20201011210700j:plain

いつもより慎重に設問分析を行い、いつもより与件文の読み直しを多くする。解答もいろいろな可能性があるかもしれないので、考える時間に多くを費やす。そしてきれいな字を書くためにゆっくり解答を書く。

これは当然の行動かもしれません。後悔したくないのは本気で勉強してきた人ほど強いですから・・・。

しかし、そうしている間に80分の試験時間は無常にも過ぎていきます。そして焦りとの勝負が始まります。

私も事例Ⅲで手が震えて文字が書けなくなった事が過去2回ありました。

普段の仕事では絶対こんな事はありません。診断士試験会場で初めて味わった経験でした。手が震え、文字もブレブレ。読みやすいとは言えない字で何とか解答を書きましたが不合格でした。

模擬試験でいくらシュミレーションをしても本試験の緊張感は半端ないです。

予想外の出来事がいろいろ起こるものと思って下さい。

こうして過去の経験を書くのは皆様を脅している訳ではありません。

今年はコロナウイルスの影響でただでさえ模擬試験が会場で受験できなかったり、本番を見据えたシュミレーションが取れていないと思います。

本試験で何を事件が起こらず平和に試験が終わる事は無いと思っていた方が良いです。

事件が起きているのは自分だけで無く、周りの受験生も何かしらの事故が起こっていると思って差し障り無いです。

焦らず対応しましょう。ただそれだけです。

 

★ファイナルペーパーについて

当日の対策としてファイナルペーパーを作られる人も多いですね。

ちなみに私はファイナルペーパーを作っていません。

ファイナルペーパーを作っても作らなくてもどちらでも良いと思います。

一番止めた方が良いのは、参考書を抱えて試験会場に行く事です。

試験当日に何を見ても頭に入らないと思います。重い荷物を持つだけ体力を奪うだけなのであまりお勧めしません。

試験当日は何も対策なんて出来ないと思っていた方が良いです。

試験の合間は次の80分の試験時間に向けて休んだ方がベターだと思います。

私はトイレに行く→軽くストレッチ→机でうつ伏せになり休むことをしていました。

昼休みは寝られる人は寝た方が良いです。私はうつ伏せになりひたすら体力回復を図りました。

診断士試験はある意味サバイバルです。集中力が途切れた瞬間に何かが弾けてしまいます。

 

タイムマネジメントについて

本試験当日はいつも通りの行動が取れません。これを始めから意識して、タイムマネジメントは早めに設定した方が良いでしょう。

5分位早めに行動することをお勧めします。

タイムマネジメントに絶対の自信を持つ人であれば「いつも通りの行動」でも良いと思いますが・・・。

5分位あれば何が起きても対応が出来ると思います。

とにかく時間切れで何も書けない事は絶対に避けたいです。

皆様がやるべき事は80分の試験時間の中で60点の合格解答を置いてくる事だけです。

40点は点数を落としても大丈夫です。本試験では良く分からない問題も出題されます。良く分からない問題はみんな分からないので、割り切って解答を書くしかありません。そんな問題でこだわると良い結果は得られない可能性が高いです。

 

最終的に言いたいことは「本試験で上手くいかない事まで想定しておく」事が重要です。試験後に悔やむよりは100倍良いです。

では今日はここまでにします。また明日へ。

参考になりましたら、是非猫クリックをお願いします。私のモチベーションが上がりますので・・・

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

 

事例Ⅳ対策 利益のバラツキを無くすには?

おはようございます。中小企業診断士のけんけんです。

 

皆様体調は大丈夫ですか?私は扁桃腺がパンパンに腫れていました・・・。

熱は微熱をキープしています。あまりキープしても嬉しくはないですね。

この時期は体調管理が重要です。それに今年は特に重要な意味を持ちますので。

試験まで時間がありません。本当に今ある武器を磨くしか無いです。

私は直前期はひたすら思考を巡らせていました。

80分の試験をどう対応するか?

難問が出た場合の対応の仕方は?

一人作戦会議です。

あらゆるケースを考えておく事が本番当日に役に立ちました。

2次試験は1年に1回しかありません。本番の依存度が高い試験です。

たまたま当日奇跡的に出来が良ければ合格できます。しかし実力者でも当日に力を出せなかったら不合格です。

しかし、結果が全ての世界です。影の実力者はやはり影なので・・・。

 

あらゆるケースは考えていたつもりなのですが、あまり本番当日にいつもと違う事をやると想定外のケースにはまります。

私は「森永ラムネ」のブドウ糖効果が脳の疲労回復に効くという情報を仕入れて、試験当日に食べ過ぎて気持ち悪くなった経験があります。ほどほどにして下さい。

試験当日に森永ラムネ、栄養ドリンク、メガシャキ、いろいろなものを飲んでいました・・・。逆に健康に悪そうですね。

f:id:kenken7749:20201010185529j:plain

事例Ⅳのテーマとして「利益のバラツキを無くすにはどうすれば良いでしょう?」という論点が出題されます。

これは平成21年の過去問で出題されています。

売上のバラツキは無くすことは難しいです。これは外部環境にもよるところも大きいです。売上のバラツキを無くす事は難しいですが、利益のバラツキを抑えることが出来ます。

利益のバラツキといって何を思い浮かべますか?

 

営業レバレッジです。営業レバレッジが高いと利益のバラツキが大きくなります。

営業レバレッジ限界利益÷営業利益です。

これをもう少し分解していきます。

営業レバレッジ=(売上高ー変動費)÷(売上高ー変動費ー固定費)

つまり固定費が高ければ高いほど分母の(売上高ー変動費ー固定費)の数値が小さくなり営業レバレッジの値が大きくなります。

 

以上から固定費が高ければ高いほど、営業レバレッジの数値が大きくなり利益のバラツキが大きくなります。

平成21年の事例では本社売却を行い管理費等の固定費を削減しています。その事により

営業レバレッジが小さくなると共に損益分岐点売上高が小さくなり利益のバラツキが小さくなります。

 

また平成21年過去問では税引前自己資本利益率のバラツキについて聞かれています。

いわゆる財務レバレッジです。ROEのバラツキを考えさせる問題です。

営業レバレッジと財務レバレッジ・・・。ややこしいですね。

こんな式は見たことがあると思います。

ROE=ROA+(ROA-i)×負債比率という式を・・・。

負債比率が大きければ大きいほどROEが大きくなります。これは良い方にも悪い方にも影響を及ぼします。ハイリスクハイリターンです。

平成21年の事例では本社を売却した資金を全額負債の返済に充てています。

当然負債比率が小さくなりますので、財務レバレッジが小さくなります。

ROEのバラツキも小さくなります。

 

そして為替のバラツキが出題されています。

平成21年のD社はアジアをはじめグローバルに展開しています。当然為替の影響も受けます。オプション取引により為替変動リスクを回避しています。

 

平成21年は是非チャレンジして欲しい過去問です。まだ間に合います。

バラツキを無くす芸術的な事例だと思っています。

では今日はここまでにします。また明日へ。

参考になりましたら、是非猫クリックをお願いします。私のモチベーションが上がりますので・・・

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

 

事例Ⅳ キャッシュフロー計算書

おはようございます。中小企業診断士のけんけんです。

 

本当に直前期ですね。勉強時間も限られています。残り時間何をやるか?

これは皆様の戦略になります。ご自身で考えましょう。

 

自分の弱点を潰すことに全力を尽くしてください。泣いても笑っても残り14日です。

悔いのないように頑張って下さい。

f:id:kenken7749:20201010171633j:plain

私のブログも新しい事は書きません。直前期の確認程度に使ってもらえれば良いと思います。

 

今日はCF計算書についてです。CF計算書は事例Ⅳの中でも難易度は低いと思います。

必ず正解したい分野です。

平成28年に営業CFの穴埋め問題が出題されました。絶対得点したい問題でした。

 

しかし、皆様に質問です。

営業CFを穴埋めでは無く、全部書けますか?

 

営業CF

税引前当期純利益

減価償却

特別利益・・・必ずマイナス        

特別損失・・・必ずプラス

営業外収益・・・必ずマイナス

営業外費用・・・必ずプラス

売上債権の増加(減少)

棚卸資産の増加(減少)

仕入債務の増加(減少)

その他流動資産の増加(減少)

小計

利息・配当金の受取額

利息・配当金の支払額

法人税等の支払額

営業活動によるキャッシュフロー

 

多少の言い回しは違うかもしれませんが、こんな感じで書ければOKです。

穴埋め問題だと数値を入れるだけですが、ご自身で書くと案外書けないかもしれないですね。

特別利益・特別損失などは忘れてしまうかもしれません。

 

あとはBSに未払法人税等の勘定があった場合は注意して下さい。

キャッシュフロー計算書の法人税等の支払額=PLの法人税等+BS前期の未払法人税等ーBS今期の未払法人税等になります。

これは平成23年度に出題されました。

未払法人税等はまだ未払の法人税です。

今期の未払法人税等は「まだ払っていない」のでマイナス。

前期の未払法人税等は「さすがに支払ったでしょう」という事でプラスになります。

引っかけ問題になる可能性がありますね・・・。

 

★財務CFはご自身で書けますか?

 

財務CF

短期借入による収入

短期借入金の返済による支出

長期借入による収入

長期借入金の返済による支出

財務活動によるキャッシュフロー

 

言い回しが多少違う形式もあると思いますが、こんな形式で書ければOKです。

「借入すれば金増える、借入返済すれば金が減る」このイメージが持てれば大丈夫ですので。

 

投資CF

投資CFは書けますか?

 

投資CF

固定資産売却による収入

固定資産取得による支出

有価証券の取得による支出

有価証券の売却による収入

 

こんな感じで書ければ大丈夫です。

固定資産売却益や有価証券売却損などがあったら気を付けて下さいね。

投資CFに影響を及ぼしますので。ボックス図を書いて処理するパターンを復習して下さい。

 

★検算の重要性

営業CF+投資CF+財務CF=当期の現預金の増減

かならず検算して上記の式に当てはまるか確認して下さい。

営業CFと財務CFが分かれば、投資CFは上の式から自ずと数値が分かります。

投資CFは混乱しがちなので、もし数値だけを求めるパターンであれば、営業CFと財務CFを求めてから投資CFは差引で求めても良いと思います。

かならず検算する事だけは忘れないで下さい!!

 

以上になります。CF計算書は絶対得点を取りたいです。

穴埋め問題であれば完全に得点ゲットして下さい。

出来れば自分で全てCF計算書を書ければなお良いです。

自分で書かせる問題は以前出題された事もありますので、今年出題されてもおかしくありません。しっかり復習して下さい。

 

では今日はここまでにします。また明日へ。

参考になりましたら、是非猫クリックをお願いします。私のモチベーションが上がりますので・・・

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

 

経営分析②

おはようございます。中小企業診断士のけんけんです。

 

昨日は経営分析の効率性、特に有形固定資産回転率、棚卸資産回転率の論点を書きました。本当は売上債権回転率についてもブログで書いていたのですが、朝謝ってブログから削除してしまいました・・・。昨日の朝ブログを読まれた方は内容が重複してしまうかもしれませんが、復習という事で勘弁して下さい。

f:id:kenken7749:20201009180111j:plain

有形固定資産回転率は売上÷有形固定資産です。分母である有形固定資産を活用して分子の売上への貢献度を表しています。

棚卸資産回転率は売上÷棚卸資産回転率です。分母である棚卸資産(商品)を活用して分子の売上への貢献度を表しています。

有形固定資産回転率、棚卸資産回転率共に分母→分子の関係になります。

しかし、売上債権回転率をこれまでの分母→分子の関係で考えると訳が分からなくなります。売上債権回転率=売上÷売上債権です。分母である売上債権を活用して分子の売上への貢献度を表すといっても、意味が通じません。

売上債権とは売掛金受取手形になります。売上に対して売上債権が高いという事はどういう状態でしょうか?

売上を計上しているのに、売掛金になっているので現金が手元に入ってきません。

売掛金なら1ヵ月~2か月程度、受取手形なら4ヶ月程度現金が入ってきませんので資金繰りは厳しくなります。

以上から売上債権回転率は分子→分母の関係になります。

分子の売上に対して、分母の売上債権が少ない方が資金繰りは良好な状態になります。

本当はこの論点を昨日のブログで書いたのですが、間違って消してしまいました。

 

効率性も同業他社比較であれば、D社の効率性指標を良いか悪いか分かりやすいです。

しかし、前年度との対比ではそもそもD社の効率性数値が良いか悪いか分かりません。

こういう場合は①与件文から判断する②対前年度と比べて急激に数値が変動しているか

この2点から判断して下さい。

 

売上債権回転率や棚卸資産回転率が低くなった場合はどういう影響が出てくるのでしょうか?

売上債権回転率が低いという事は売上債権である売掛金受取手形が多くある状態です。棚卸資産回転率も商品が売上に貢献していません。

売掛金受取手形はツケと同じ状態ですので現金が入ってきません。商品も材料を売れなければ現金化されません。

つまり資金繰りが厳しい状態になります。

こうなるとD社は運転資金を借ります。運転資金なので短期運転資金を利用します。

売上債権の増加→短期借入金の増加→現預金増加という流れになります。

売上債権回転率の低下→短期借入金の増加→現預金の低下は流動比率の悪化。

棚卸資産回転率の低下→短期借入金の増加→現預金の低下は当座比率の悪化を示しています。

 資金繰りや在庫管理については過去記事でいっぱい書いています。代表的なものを貼っておきますね。

www.shindanshi-kenken.com

 www.shindanshi-kenken.com

 有形固定資産回転率が悪い場合は長期借入金とリンクになる可能性が高いです。

有形固定資産回転率が悪い→負債比率が高い→売上高経常利益率が悪いという流れが多いです。

借入に依存して設備投資を行い、設備が思うように稼働せず売上を稼げない場合はこのパターンです。

 

経営分析は作問者のメッセージがどこに込められているかがポイントになります。

負債を論点にしたければ支払利息にメッセージを込めてきます。

資金繰りを論点にしたければ当座比率にメッセージを込めます。

だいたいのパターンがありますので、しっかり論点を復習してみて下さい。

 

効率性を中心に書いてきましたがどうでしょうか?

収益性、安全性はイメージが付きやすいと思いますので大丈夫ですか?

では今日はここまでにします。また明日へ。

参考になりましたら、是非猫クリックをお願いします。私のモチベーションが上がりますので・・・

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

 

事例Ⅳ 経営分析 効率性

おはようございます。中小企業診断士のけんけんです。

 

事例Ⅳで必ず出題される問題は分かりますか?

経営分析です。

事例Ⅳでは経営分析で確実に点を積み重ねたいです。

個別問題は難易度を上げようと思えばいくらでも上げられますので、経営分析で得点の下地を作りたいです。

f:id:kenken7749:20201007223347j:plain

以前にもブログで経営分析については紹介しました。

 

www.shindanshi-kenken.com

 

www.shindanshi-kenken.com

  

www.shindanshi-kenken.com 良かったら過去記事も見て下さいね。

直前期なので自分に足りないピースを埋める作業をして下さい。

新しいノウハウはこの時期には要りません。

自分の持っている武器を磨くしかありませんので。

 

過去のブログを貼っただけでは申し訳ないので少しお話します。

経営分析は収益性・効率性・安全性の切り口から財務諸表を見ていきます。

ただし、解答が全て収益性・効率性・安全性の3つを選択するわけではありません。

効率性が2つになることもあるでしょう。

ただし収益性・安全性を2つチョイスする可能性は低いと思っています。

 

★効率性の話

「効率性が高い」と解答に書くと思いますが、「効率性が高い」とはどういう事でしょうか?

中小企業は経営資源が少ないので効率的に経営資源を活用しなければなりません。

効率的というのは「経営資源を効率的に使って売上を獲得する。」 事ではないでしょうか?

有形固定資産回転率=売上高÷有形固定資産です。

分子である売上高と分母である有形固定資産の関係になります。

分母である有形固定資産に設備投資をして、分子である売上をバンバン稼いでもらえばOKです。

有形固定資産回転率が課題である場合、設備投資を行った事が問題ではありません。

設備投資を行って売上が獲得出来ていない事が問題です。

課題を記述する際にも「有形固定資産」である設備の事を書くのではなく、売上にどういうインパクトを与えているのかも書きましょう。

「設備の老朽化により売上に寄与しない」「本社社屋に土地購入を行ったが売上に寄与しない」というパターンが多いでしょうか。

 

棚卸資産回転率

棚卸資産回転率=売上高➗棚卸資産になります。棚卸資産と売上の関係になります。

分母の棚卸すなわち商品がどれだけ分子の売上をもたらしたか?を表します。

商品が激安商品であれば、大量に商品を売らなければなりません。

B社の商品はこだわりの高付加価値商品です。棚卸資産回転率が高い=商品力が高いと言えます。

ただし不良在庫があると分母である棚卸資産は減らず、分子である売上への貢献度も低いです。銀行実務としては、棚卸資産回転率が高い=不良在庫がある可能性が高いという見方をします。

結論は効率性と売上を関連づける点を意識することです。記述内容も変わってくると思います。

ただし売上債権回転率は考え方が少し違いますので、また明日書きたいと思います。

では、また明日へ

参考になりましたら、是非猫クリックをお願いします。私のモチベーションが上がりますので・・・

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村