中小企業診断士けんけんの部屋

中小企業診断士及び銀行員としての日常を気ままに伝えます。

銀行との付き合い方①

おはようございます。中小企業診断士のけんけんです。

 

今日からブログ記事を診断士実務中心に切り替えていこうと思います。

とりあえず気分を上げるためにLiSAの「紅蓮華」をどうぞ・・・。


LiSA 『紅蓮華』 -MUSiC CLiP YouTube EDIT ver.-

 

さて実務ネタの一発目は銀行との付き合い方を銀行員が語るという事にしましょうか。

あまり銀行と馴染みがある方は少ないような気がします。

中小企業であれば社長が直接銀行交渉されているケースも多いと思います。

もう少し規模が大きい会社であれば経理担当者の方と話すケースが多いですが、それ以外の部署の方は銀行と馴染みが無いと思います。

まずは「銀行との付き合い方」を話す前提として「銀行の考え方の変化」について話しておきます。

これは最近顕著に思うのですが、銀行の考え方は明らかに変化しています。

「規模の経済性から収益主義への方針転換」です。

f:id:kenken7749:20201115110105j:plain

銀行でも支店への評価基準があります。

以前は融資量で評価基準が決まっていました。

要は前期と比べていかに融資量を伸ばしたか?が評価基準になります。

半沢直樹でもなんとか目標を達成するために、とんでもない融資を実行するみたいな展開があったと思います。

銀行でも、期末の最終日に当座貸越の空き枠のあるお客様に訪問して、「1日でも良いので融資お願いします。」みたいな事を良くやっていました。

期末の最終日には融資量は伸びますが、翌日に直ぐに返済。

「こんな事して何になるの?」と不満ブーブー状態ですが、そういう評価基準であればしょうがないです。いわゆる「下駄を履かせる」というやつです。

f:id:kenken7749:20201115110239j:plain

 女性の下駄は綺麗ですが、銀行の下駄は意味がありません。

以前は銀行も収益を取れていたので、過去の考え方をそのまま引き継いでいました。

それが当然であるかのように・・・。

 

しかし、融資量を競うと当然のごとく生まれることは金利競争です。

「うちの方が金利安くしますから、是非融資お願いします。」

そして、別の銀行も「うちの方が金利安くしますよ・・・」

経営者の方も金利をゴネていれば、どんどん金利が安くなるという構造が発生します。

お客様に取っては金利コストが安くことは良いことです。

ただし銀行に取っては収益を圧迫するだけです。

 

そしてマイナス金利という外部環境の変化もあり、銀行のビジネスモデルは崩壊したといって良いでしょう。

銀行もビジネスモデルを変えざるを得ない状況です。

以上の経緯から「銀行は収益をいかに稼ぐか?」という経営課題に直面しています。

 

 銀行の審査意見書でも以前は「他行競合もあり低利ですが是非融資検討願います」と書けば大体審査は通っていました。

今同じ内容の意見書を本部稟議に書いた場合「それでは他の銀行に融資してもらえば。

そんな低金利で融資するメリットは何?」

半沢直樹の敵役バンカーみたいな奴からすぐさま連絡があります。

低利融資でも融資を勝ち取るようなスタンスでは無くなったわけです。

規模の経済性は追及しません・・・。

1億円の融資を0.2%で融資するよりも、150万円の融資を14%で融資した方が収益は高いですから。

明日はこの点を踏まえて、銀行交渉をどうすべきか?考えていきます。

では今日はこのへんで。

是非猫クリックをお願いします。私のモチベーションが上がりますので・・・

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

今後のブログについて

おはようございます。中小企業診断士のけんけんです。

今日の動画はこちら


LINDBERG(リンドバーグ) / every little thing every precious thing

藤川球児の引退という事でこの歌をチョイスしました。

LINDBERGは良く聞いてましたね。私が中学生から高校生だった記憶はあります。若い方にとっては馴染みがないかも知れませんが・・・。

 

さて本題です。

中小企業診断士試験をネタにお送りしてきましたこのブログですが、少しシフトチェンジしたいと思います。

多年度生支援を目的としてお送りしてきたブログですが、毎日更新していたために書くネタがあまり無いです。正直・・・。

f:id:kenken7749:20201115001110j:plain

私もタキプロ活動を行う1年で辞めようと思いましたが、実務ネタを中心に不定期に更新していこうと思います。

ブログ村も「中小企業診断士試験」のカテゴリーに参加していました。今後は「経営ブログ」というカテゴリーをメインとして活動していこうかと考えています。

合格後にブログを書きたい方のためにブログ村の仕組みについてはまたブログ内で書きたいと思います。

 

少しこのブログについて振り返りたいと思います。

このブログを始めたのは2020年2月16日でした。

スーパー多年度生であった自分の合格体験が誰かの役に立つかもしれないと思い、突発的にブログを開始しました。
そして首都圏と地方格差は多分診断士になってからも続くような気がしていました。多分では地方では活動も限られるような気がして、少しでも名前を憶えてもらえたらインパクトがあるような気がしてブログを開始しました。ちょっとしたブランディングですかね。

ブログなんてどう始めたら良いか、全く分からない状態での開始でした。

中小企業診断士けんけんの部屋」というブログ名も適当に付けました。

今思えば「徹子の部屋」のパクリじゃん。

潜在意識の中にあったという事で許して下さい。

 

しかし、ブログを始めてもどうやって広めてよいかも分からない状態でした。

よしSNSだ!!という事でFacebookで拡散してみました。

診断士同期の方や諸先輩方からの支援、経士会のFBも掲載していただき着実にブログが広まりました。

FBがコミュニティの場にもなり大変楽しかったです。

タキプロも来年の合格者にバトンタッチすると、同期との繋がりが無くなる事が寂しいのがブログを辞めない最大の理由かもしれません。

Twittterも始めはよう分からん状態でしたが、何とか覚えました。

 

同時にタキプロのWeb勉強会班に所属してZoomでの勉強会に参加する際にも受験生の皆様から「ブログ読んでいます」という言葉に励まされました。

 

最終的にはブログ村ランキング2位までいきました。その時の1位が一発合格道場でしたが、やはり王者は強かったですね。

一発合格道場は巨人軍で、私はたまに調子が良いヤクルトスワローズみたいなものでしたね・・・。

これで受験生の皆様が合格していれば嬉しい限りです。是非吉報をお待ちしております。

 

私は診断士に合格しましたが、ストレート合格するような頭も持ち合わせておりません。私の長所は「合格するまで諦めずに継続し続けた」事だけです。

なのでブログも「2次試験の直前までは続けよう」と思い継続してきました。

煉獄さんの言う「俺は俺の責務を全うする」だけでした。

(かなり後付けで、鬼滅の刃と絡めています)

 

診断士に合格して1年経つわけですが、コロナの影響もあり診断士活動はあまり出来ていません。

今は補助金申請に参加させてもらい、やっと診断士として動いてきた感じです。

これらも皆様との繋がりを大切にしながら、自分の知識のアウトプットの場としてブログを書いていきたいと思います。ただし毎日更新はキツイので勘弁して下さい。

では今日はこのへんで。

是非猫クリックをお願いします。私のモチベーションが上がりますので・・・

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

令和2年事例Ⅳ分析②

おはようございます。中小企業診断士のけんけんです。

 

昨日は事例Ⅳの経営分析を検証しました。今日はその続きです。

事例Ⅳで落ち込んでいる方が多いので、元気が出る歌をお送りします。

 


プリンセスプリンセス 震災から5年 明日へのコンサート

プリンセスプリンセスの再結成した時は感動を覚えました。

学生の時に夢中になっていたバンドが時を経て復活するなんて・・・。

40代以上の方は同じ感動を覚えた人も多いんじゃないでしょうか。

若い方はすいません。おじさんの独り言だと思って下さい。

f:id:kenken7749:20201107130456j:plain

さて時を戻して令和2年事例4です。

 

私が選んだ経営分析は

①優れているもの・・・売上高総利益率

②劣っているもの・・・有形固定資産回転率、負債比率

でした。

 

負債比率(自己資本比率)は鉄板で選びました。

安全性はこれで確定しました。

 

後はどの指標を重視するかです。

私は有形固定資産回転率を重視しました。

根拠は昨日書きましたが、作問者からのメッセージ性が一番強いと考えました。

これで②劣っているもの2つが固まりました。

同時に効率性、安全性2つが決まった事になります。

①優れている指標の候補は売上高総利益率、棚卸資産回転率になります。

普通に収益性から売上高総利益率を選択しました。

棚卸資産回転率に込められたメッセージよりは売上高総利益率の方が高いと考えました。

 

ただ別解はいろいろあると思います。

負債比率(自己資本比率)は鉄板指標とします。

売上高営業利益率を悪い指標として一番重視した場合は、収益性と安全性が固まりました。あとは良い指標を一つ選ばなければなりません。

収益性を2つ選択することは難しいと思いますので、残る一つは効率性から棚卸資産回転率になります。

 

棚卸資産回転率

売上高営業利益率売上高経常利益率

③負債比率(自己資本比率

というパターンもあります。

 

②の売上高営業利益率売上高経常利益率はどっち選んでも良い気がします。

③で負債比率を書いた場合は借入が多い事を重視していますので、売上高経常利益率を書いても全く問題ありません。

与件に「費用負担が重い」とありますし、販売管理費が大きいこともあり売上高営業利益率も当然に悪いです。

 

私が思いつくのはこのパターンです。どうでしょうか?

第2問ではステーキ店を閉店するか検討しています。

なので有形固定資産回転率は悪いはずです。

第3問は買収に関する設問でした。これは自己資本に関する事なので自己資本比率が焦点だったかも知れません。

第4問はROIに関する設問です。

ROIは投資対効果に関する指標です。それも戸建住宅事業に対する投資に対する効果を求めさせています。やはり有形固定資産回転率に関する事です。

そんな事もあり、有形固定資産回転率が悪い事を一番重視して考えました。

 

設問2は設問1で選んだ指標の内容を含んだ形で書いておけば大丈夫かと思います。

 

第1問の経営分析はいろいろな解答パターンがありました。

どれも得点は入りそうですね。

第1問でガッチリ点を取る事は今年の試験では特に重要かもしれません。

 

今日はこのへんで終わりにします。

是非猫クリックをお願いします。私のモチベーションが上がりますので・・・

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

 

令和2年事例Ⅳ分析①

おはようございます。中小企業診断士のけんけんです。

 

今日から事例Ⅳについて検証していきます。

計算問題については予備校の模範解答も出回っていますので、そちらで検証していただいただいて。

私だったらどう考えるか?80分で解けるのか?この視点で書いていこうと思います。

f:id:kenken7749:20201107084308j:plain

 

とりあえず事例Ⅳは難易度が高めでした。

落ち込んでいる人も多いと思いますので、まずは動画でも見てからいきましょう・・


渡辺美里 BELIEVE

夢を夢のままでは終わらせないでいて

人は違う痛みに胸しめつけられて

この河の流れを超えてゆく

 私は、この歌詞に励まされて勉強していました。

作詞:渡辺美里 作曲:小室哲哉のゴールデンタッグが生んだ名曲といえます。

私の個人的趣味の話でした・・・。

 

さて時を戻して事例Ⅳでしたね。

早速ですが、財務諸表を見ていきましょう。

f:id:kenken7749:20201107084438p:plain

 まずはBSから見ていきましょう。

私の場合は電卓をほぼ使わずに検証していきます。

 

流動比率は100%を超えています。解答候補からは外しません。

当座比率は悪いですが、棚卸資産が同業他社と同程度である事から優先順位は低めかなと思います。

自己資本比率は圧倒的に低いですね。これは悪い指標の解答候補でしょう。

負債の大きさに焦点があたれば負債比率を、内部留保の低さに焦点があたれば自己資本比率を選択します。

・有形固定資産が圧倒的に大きいです。これは作問者からのメッセージだと思います。

有形固定資産回転率が悪い候補に挙がってきます。まだPLを見ていませんので何とも言えないですが。

・短期借入金、長期借入金共に大きいです。短期借入金だけが大きいのであれば当座比率も解答候補に挙がりますが、長期、短期共に大きいので負債比率が解答候補の大本命になります。

・正常運転資金もそれほど差が無いので、資金繰りの論点では無いような気がします。

BSから見るとこんな感じです。

 

 次にPLを見ていきましょう。

f:id:kenken7749:20201107084358p:plain

 売上高は同業他社比で1.5倍程度でしょうか。

売上総利益は3倍弱大きいです。これは売上高総利益率は良い指標の候補になります。

次に販売費及び一般管理費は3倍弱大きいです。費用かかり過ぎです。

売上高営業利益率は悪い指標の有力候補。

営業外費用も大きい。先ほど借入が大きい事がBSで分かりましたね。

これからいくと売上高経常利益率も悪い指標の有力候補です。

どちらを選ぶかは保留です。

ここまで電卓を使っていません。

 

そして売上が1.5倍程度と述べました。

・売上債権は同業他社より少ないです。当然、売上債権回転率は高いです。

棚卸資産は同業他社より少し多い程度。

棚卸資産が同程度で、同業他社より1.5倍の売上を獲得出来ているので棚卸資産回転率は良い指標になります。

・有形固定資産回転率は同業他社の3倍程度あります。

同業他社より約3倍の有形固定資産を使っても売上は同業他社の1.5倍しか稼げません。

当然、有形固定資産回転率は低いです。

 

財務諸表から見ると。

①良い指標

売上高総利益率が最有力候補、棚卸資産回転率が次点位でしょうか。

②悪い指標

負債比率(自己資本比率)は悪い指標でほぼ確定。有形固定資産回転率、売上高営業利益率売上高経常利益率が次点です。

 

次に与件文を見ていきましょう。

f:id:kenken7749:20201107105544p:plain

f:id:kenken7749:20201107105717p:plain

・約2000棟の販売実績があることから棚卸資産回転率が高そうです。

・そして顧客の評判が高いとあるので売上高総利益率も良いはずです。

・費用負担が高いとあるので販売管理費は高いです。売上高営業利益率は悪いはず。

・店舗出店しているけれども2店舗は赤字。ステーキ店は閉店も含めて検討をしているので有形固定資産回転率は悪いでしょう。

・将来飲食店出店している土地があるけれどの出店計画の無い土地がある。土地は駐車場として賃貸して収益を上げていますが、計画性の無い投資をしている時点で有形固定資産回転率は解答としての裏付けになっています。

 

ここまで書いてきましたが、お時間になりました。

結局ここから何を解答として書くか?検討していきましょう。

ではまた。

是非猫クリックをお願いします。私のモチベーションが上がりますので・・・

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

 

事業承継の話②

おはようございます。中小企業診断士のけんけんです。

さて、今日の動画は甲斐キャノンVS快足ランナー和田の対決です。


【極限対決】和田康士朗 vs 甲斐キャノン

 意地と意地のぶつかり合い。

痺れますね。

f:id:kenken7749:20201109233319j:plain



さて、昨日は事業承継の話という事で書き始めました。

昨日のブログはこちら。

 

www.shindanshi-kenken.com

 

さて、社長が突然亡くなったX社についてもう少し詳細に書いていきます。

X社は創業5年目というまだ若い企業でした。

組織という組織は無く、社長と経理以外は全員ドライバーでした。

スタープアップ企業は社長のリーダーシップで会社が動きます。

創業5年で売上は急拡大してのは良いのですが、社長は銀行の思うがままに借入をしてしまいました。

銀行員の私は言うのもなんですが・・・。

f:id:kenken7749:20201109203758j:plain

でも良識ある銀行であれば、少し歯止めを効かせるはずなのですが。

このX社も中小企業診断士が寄り添ってアドバイスしていれば、こんな事にはならなかったでしょうに。やはり身近に相談できる人材は必要だと身にしみています。

 

そんなX社ですが、ほとんどがドライバーで後継者にあたる人物は誰もいません。

そこで起きた事はこの2つでした。

①従業員の大量離脱

風評被害

 

一応は従業員の中の数名で事業は継続しました。

しかし、社長のワンマン体質の企業で肝心の社長がいなくなりました。

従業員は将来が不安でどんどん辞めていきます。

ドライバーも半分の人数に減りました。

 

そして、風評被害が一斉に広まります。

「X社はもうダメだ」「X社に頼んでもドライバーがいないし、もう先が長くない」

そんな話が一斉に飛び回ります。

そうすると仕事は徐々に減っていきます。

 

従業員離脱と風評被害であっという間に営業実態は無くなりました。

 

銀行としては営業実態が無くなったので、会社から融資金を回収する事は不可能です。

そうしたら連帯保証人である社長に請求するしかありません。

社長は亡くなっているので、法定相続人に保証債務が引き継がれます。

社長はアパート住まいで資産がありません。

社長の個人債務に加えて、会社融資の保証債務。

当然、負の資産しか無いので、法定相続人も相続放棄することは明白でした。

ここで回収不能が確定しました。

 

X社もスタートアップから取引先に恵まれて順調に売上が伸びていきました。

しかし、社長一人で管理する体制でした。

ここで経営参謀のようなパートナーがいればここまで借入は大きくなくて済んだかもしれません。

本当はメインバンクがこの役割を担うべきですが、今は収益重視で銀行も一つの企業にずっと関わる事が出来ない実情もあります。

このジレンマは年々大きくなっていきます。

 

X社はいろいろな不運も重なりました。

しかし、法人は多重債務。社長もいろいろなところからお金を借りていたそうです。

社長一人のリーダーシップは迅速な意思決定という点では優れていますが、経営の舵取りを間違えるとX社のようになってしまいます。

中小企業診断士の存在意義を感じる事案でした・・・。

 

今日はこんな感じで終わりにします。

是非猫クリックをお願いします。私のモチベーションが上がりますので・・・

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村