中小企業診断士けんけんの部屋

中小企業診断士及び銀行員として受験対策や日常業務を気ままに伝えます。中小企業診断士多年度生に特にお勧めします。

事例4のトレーニング

おはようございます。中小企業診断士のけんけんです。

 

事例4ってどういうトレーニングすれば良いんでしょうか?

いろんな問題集を片っ端から解けばいいんでしょ。って考えているあなた。事例4は計算問題の事例ではありません。

事例4は「財務・会計を中心とした経営の戦略及び管理に関する事例」という定義です。要は財務会計の視点からD社の経営を分析及び改善を図るものです。

 

私なりの対策として、

①過去問中心で勉強して下さい

②新作問題でタイムマネージメントのトレーニングをして下さい。

以上です。

f:id:kenken7749:20200302115911j:plain

えっそれだけ!!って思われるかもしれません。それだけです。

ただし、前にも述べましたが80分の戦略はご自身で作り上げて下さいね。だって本試験で問題を解くのは、私でも無く予備校の先生でも無く、あなたですからね。

 

まず①過去問中心での勉強については、

・事例4の出題は頻出論点が絞られている→同じ論点が繰り返し出題されている。

・過去問で一度も出題されていない論点が出題された場合、どうせ他の受験生も解けないでしょ→費用対効果が悪い。

それで大丈夫なのって?言われるかもしれませんが、過去問って平成13年からありますからそれをマスターするだけでも大変ですよ。ただ頻出問題でOKですからね。ヘンテコな文章問題とかは飛ばしてもOKです。(もう出題されないよと思う問題はやるだけムダです)

 

②新作問題は80分の戦略を基にタイムマネジメントを練習する場と捉えて下さい。

これは新作問題で無ければできませんから。過去問は論点覚えてますからね。

新作問題で高得点を取れれば嬉しいでしょうが、本番で合格点を取れるかは別問題です。間違った問題は過去問の頻出論点ならば、なぜ間違えたのかを分析して下さい。

例えば「小数点の端数処理で間違えた」「計算過程で数字を転記ミスした」とか。出来なかったで終わらせないで下さい。多分本番も同じミスを犯します。

過去問で見たことない論点だったら捨てましょ。多分その問題本試験で見ないですよ。

例え出ても合否を決める問題では無いので安心して下さい。

 

勉強法はこれだけです。いろいろな予備校から事例4の問題集出ているじゃんって言われそうですが。全然やっても良いと思います。けど優先順位から考えると過去問が良いんじゃないですかってことです。

 

ではまた明日へ。ポチッとお願い致します。ぜひぜひ。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村


中小企業診断士ランキング