中小企業診断士けんけんの部屋

中小企業診断士及び銀行員として受験対策や日常業務を気ままに伝えます。中小企業診断士多年度生に特にお勧めします。

事例4 経営分析のコツ②

おはようございます。中小企業診断士のけんけんです。

 

昨日の電卓カチャ男に引き続き新キャラ登場。

「冷えピタ貼り男」

説明しよう。冷えピタ貼り男とは、真夏に行われる診断士1次試験においてあまりに暑すぎて顔の面積が無くなるほど冷えピタを貼りまくり、実は顔だけじゃなくて体中のあらゆるところに冷えピタを貼っている怪人である。仮面の奥の姿はあまり公開されていませんが、その正体は実は・・・・私です。

 

さあ時を戻そう。

昨日は電卓カチャ男からの卒業について述べました。いやいや与件から経営指標を分析する手法を話しました。

 

次に財務諸表を見ていきます。

まず私の手順として

流動比率が100%以上であるか?

自己資本比率がどの程度か?

をチェックします。

もし経営指標の悪い点を聞かれた場合

流動比率が100%以上ならば、解答から即外れます。

自己資本比率も30%以上ならばほぼ解答にはならないでしょう。

だって自己資本比率100%以上、自己資本比率30%以上の企業に「おたくの会社この指標悪いんですけど」って指摘するのはただのクレーマーですから。

f:id:kenken7749:20200314190558j:image

流動比率自己資本比率のチェックは瞬間的に出来ますので、是非手順に加えていただきたいです。

f:id:kenken7749:20200315094355j:image

f:id:kenken7749:20200315094400j:image

超アナログですいませんが写真貼り付けました。次にマーカーで線を引いています。

これはミス防止の為に引いています。よくあるパターンとして経営分析の際に、D社の数値ではなく同業他社の数値で計算したり、いろいろなミスを経て自分なりのプロセスに組み込みました。今気づきましたが本当は有形固定資産もラインマーカーを引きますのですんません。

 

パッと見でこの企業、流動比率50%くらいしか無いじゃん。(「くらい」だからこの時点で電卓は一切はじかないですよ。)激ヤバです。これ出題者からの強いメッセージです。

自己資本比率は大丈夫そうですね。

 

次は前期と当期で大きく数字がかわったところをチェックします。

大きく数字が変わる=出題者からのメッセージと捉えてよいでしょう。

この事例ですと「土地を短期借入金で調達して、支払利息が増えちゃいました。テヘッ」って感じでしょうかね。

 

少し昨日のブ第1問の経営指標としては、
良い事が聞かれれば、売上高総利益率
悪い事が聞かれれば、有形固定資産回転率、負債比率、売上高経常利益率が候補になってきます。

これでいけば悪い指標としては売上高経常利益率当確。有形固定資産回転率当確土地だけでは収益生み出しません。駐車場では無いかぎり)負債比率→流動比率に代わる。

電卓カチャ男みたく、電卓たたいていませんが、この3つの指標でいいんじゃないですか?

中には最初に財務諸表を見て全部の指標を電卓で叩いているかたもいるかもしれませんが、よく思い出してください。

事例4は時間が無いんですよ!!

80分のプロセスは自分で決めることですが、電卓叩くだけが全てじゃないですよ・・・。

内容が参考になったと思われる方は是非下のポチを押して下さいませ。品質のバロメーターとさせていただきます。ご協力よろしくお願いします🤲また明日へ。

 

 

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村


中小企業診断士ランキング