中小企業診断士けんけんの部屋

中小企業診断士及び銀行員として受験対策や日常業務を気ままに伝えます。中小企業診断士多年度生に特にお勧めします。

コロナウイルスの影響②

おはようございます。中小企業診断士のけんけんです。

私は大体1週間分のブログを土日で書いています。

しかし、今日は慌ててブログの内容を変更しております。

それは志村けんさん死去」のニュースを見たからです。

信じられないの一言です。つい先日志村さんが出演しているテレビ番組を見ていたのでコロナウイルスに感染しても、いつかは元気に復活してくれるものだと勝手に思い込んでいました。でもまさか・・・・。

どんな外出禁止令よりもコロナウイルスの恐ろしさを身にしみて感じています。

私は完全なるドリフ世代。小学生の時はみんなで「ひげダンス」を踊りながら校庭を走り回り、土曜日は「志村後ろー」と叫びながらテレビに夢中になっていました。

我々世代はガキの頃「世界の中心で愛を叫ぶ」では無く「世界の中心で志村を叫ぶ」

まさに笑いの中心には志村さんがいたんです。本当に残念です。

ご冥福をお祈り致します。

 

また昨日は診断士関連のニュースがありました。今年の試験は予定通り行われるとの事です。診断士試験も延期または中止かも・・・と心配されている受験生も多かったと思いますが、これで安心して勉強できますね。気合入れて頑張りましょう!

f:id:kenken7749:20200307113224j:plain

今日もコロナウイルスの影響を鑑み、銀行業務の話をします。融資において会社の決算書による財務分析はもちろんしますが、「社長の事業に対する意気込みや考え方」を重視します。

中にはコロナウイルスの影響なんだから、融資しないとおかしいだろうみたいな風潮があるのは確かですよね。もちろんコロナウイルスの影響で資金繰り厳しいのは十分分かります。会社が潰れては元の子も無いのも十分分かります。

でもただ「潰れちゃうんだからお金貸せ」みたいな考えしかない社長では今後どうなのかなと思います。

私も銀行でバカな支店長が考え無しに融資して債務超過になり返済できず潰れてしまった企業を嫌という程見てきました。融資すれば当面の資金繰りは助かるかもしれませんが、負債としては確実に残ります。その場凌ぎの融資を出しても、今後返済出来なければ意味がありません。

銀行から融資を得るには、①融資の妥当性②返済可能性を明確にする事が一番重要です。

妥当性から言えば、コロナウイルスの影響や今後の懸念材料を明確にすること。「今後売上が落ちそうだから融資してくれ」というのか「コロナウイルスの影響で直近では・・・という影響で売上が2割位落ちる見込みです。今後取引先が中国から部材を仕入れて今のところは在庫があるけで、影響が長期化した場合は4割位売上が落ちそうなので融資して欲しい」もちろん後者の説明の方が良いに決まっています。ただ金を貸してくれではダメなんです。

②返済の可能性については、売上予想に対してキャッシュフローがどれ位確保できるかシュミレーションすることです。また今後の見通しを良いパターン、悪いパターンなどいくつか用意して、要はいくらなら返済可能であるか明らかにすることです。

ただ社長もいろいろな業務に追われて、アップアップだよ、と言われるかもしれません。

そこで登場するのが診断士では無いかと思います。

社長に寄り添って現在の状況だけでなく今後のビジョンについて話し合うことが必要だと思います。また現状返済出来る金額を算出する事が最低限必要です。銀行員は融資するプロではありますが、その社長が経営する業界のことは、社長の方が当然詳しい訳ですから。

銀行でも借換保証や長期継続資金(5年間くらいは元金据置して利息のみの支払いを行い、5年後に分割返済に切り替える融資:ただし手数料等はかかる場合が多いです)など返済負担を考えた融資を提案します。

困ってるからただ融資を出せば良いなんて言う人は短期的な視点しか持っていないと私は思います。

逆の事を言います。先ほど①融資の妥当性②返済の可能性を明確にすることが必要であると述べました。しかしコロナウイルスの影響はどの程度続くか分かりません。

「今後の事業計画や返済計画を策定するために、1年くらい元金据え置きしたい」というプランもOKな訳ですよ。スピードローンみたいにサクサク出る融資を借りまくるよりは何倍もマシだと思います。

銀行員と診断士がチームを組んで、企業支援が出来れば一番良いことだと思います。

ただ地方では診断士の絶対数が少ないのも事実。なので診断士の数を増やす必要があります!

そんな訳で診断士試験を受験される皆様頑張って下さいね。合格して社長に寄り添う診断士になりましょう。

ちなみにこの間取引先の社長と話していて「この間銀行の紹介で診断士が来たんだけど業界のことも知らないくせに、上から目線で話してやがる。助けてやるって態度が気にくわないんだよ。どう思う?」って言われて・・・。「そういう人いますよね。」と言いましたけど「私も診断士です」とは言えませんでした。

さあ今日は年度末で銀行もバタバタです。平穏に終わればいいな。ではでは。

 

内容が参考になったと思われる方は是非下のポチを押して下さいませ。品質のバロメーターとさせていただきます。ご協力よろしくお願いします🤲また明日へ。

 にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村


中小企業診断士ランキング