中小企業診断士けんけんの部屋

中小企業診断士及び銀行員として受験対策や日常業務を気ままに伝えます。中小企業診断士多年度生に特にお勧めします。

事例2実践編⑤

おはようございます。中小企業診断士のけんけんです。

 

事例2の解説が続きます。皆様勉強は順調に進んでいますか?

事例4は答えがはっきりしていますので、勉強の仕方も分かりやすいのですが・・・。

事例1~事例3は分かりにくいですね・・・。

勉強方法についても今後記事を書いていこうと思います。

平成28年事例2の続きです。

第4問(設問1)

インターネット販売を軌道に乗せるためにB社が採るべきブランド戦略を50字以内で提案せよ。

 

ブランドの話ですね。

ブランドも良く出題されます。

診断士1次知識としては、ブランド戦略として次の4つのキーワードがあったと思います。

ライン拡張

ブランド拡張

マルチブランド

新ブランド

いわゆる「ラブマシーン」っている語呂合わせで覚えていますが・・・。

モーニング娘も懐かしい時代になってしまいました。

これはあくまで1次試験対策として・・・。

f:id:kenken7749:20200809122601j:plain

ブランド力が高いとどういうメリットがあるのでしょうか?

私はブランド物は全く分からないですが、例えばシャネルにしましょうか。

「私はシャネラーだからシャネルしか持ちませんわよ。おほほほほ・・・」

「シャネルだから高級そうだわ。私は安物は持ちませんわよ。おほほほほ・・・」

ブランド力が高い=商品力が高いという事を表します。

また他の商品と識別する事を意味します。

 

「商品力が高い=商品の知名度が高い=商品が売れる」という流れだと思います。

これは学術的では無く私のイメージですが・・・。

 

この事例の場合はしょうゆ販売は卸売業者であるZ社に任せっぱなし・・・。

最終消費者との接点を持とうとインターネット販売に乗り出すわけですが、Z社が難色を示している。

そりゃそうですよね。Z社と同じ商品をインターネット販売したら・・・。

カニバリゼーションってやつですね。

そんな難しい事言わなくても単純にZ社の売上が下がりますもんね。

 

少し脱線しますが、タレントのアンミカさんがいます。

今や「通販の女王」として君臨します。アンミカさんが宣伝すれば商品はバカ売れです。

アンミカさんは元パリコレモデルでもあります。しかし、パリコレモデルは他にも一杯います。しかし、「通販の女王」はなかなかいません。

これはブランディングで他者と識別しています。やはりブランド力があると強い事が分かると思います。

インターネット販売で通販を思い出したもので、書いてしまいました・・・。

 

話が逸れましたが、B社がインターネット通販を行うためにはZ社の難色を解かなければなりません。どうしましょう?

Z社への販売を断ったらB社の売上が下がるので現実的ではありません。

ブランドが問われているから「別の名前で売れば良いんじゃないですか?」

こんな感じの事を書けば良いんじゃないですかね。

インターネット専用ブランド名を付けてZ社の難色を解消することを書ければ十分だと思います。マルチブランドなんでしょうが、別に1次知識をそのまま書く必要もないと思います。

「Z社とまるっきり同じ商品売ったら多分Z社怒るからさぁ。別の名前で売りますか」

こんな感じですか。分かりやすく書くと・・・。

 

平成25年事例2でも地域ブランドについて出題があります。

地域ブランドの確立がテーマでした。 

これも地域ブランドというと難しく感じるかもしれませんが、要は地域と商品の強みをマッチングさせてどうアピールするか?という事です。 
これも後で見て下さいね。

 

中途半端な字数になってしまいました。

平成28年第4問は難しく考えるとなかなか解答が書きずらい問題です。割り切って単純に書く事も80分の中では有効な解答手段ですので・・・。

では今日はここまでにします。

参考になりましたら、是非猫クリックをお願いします。私のモチベーションが上がりますので・・・。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ