中小企業診断士けんけんの部屋

中小企業診断士及び銀行員としての日常を気ままに伝えます。

対人力について

おはようございます。中小企業診断士のけんけんです。

 

今日も積んどいた本の感想です。このシリーズはいくらでも書けます。

何故なら積んどいた本が山積みだからです・・・。

f:id:kenken7749:20201103211503j:plain

今日もこの本を紹介します。

 


NO LIMITS 「できる人」は限界をつくらない (単行本)

 『「出来る人」は限界をつくらない』という本です。

 

この本のメインテーマは自分の限界意識を吹き飛ばす事です。

その為に必要な具体的な行動指針を書いています。

今日は「対人力」について書いていきます。

『対人力:「つき合う相手」で実力が見える』というタイトルでした。実力のために人と付き合うのは少し違うと思いますが、長期的に良好な人間関係を築く事は重要です。

 

著者は長期的に良好な人間関係を築く方法を7つのステップとして紹介しています。

1.意識して相手の価値を高める

2.自分自身の価値を高める

3.相手の世界に身を置く

4.「相手のために何が出来るか」を常に考える

5.裏表のないつき合いをする

6.経験を素晴らしい思い出に変えていく

7.次のレベルに高めてくれる人を探す

 

コンサルタントとしては「4.相手のために何が出来るかを常に考える」は根幹にくるものだと思います。

ただこれが常に出来ているか?というと反省するべき点は多々あります。「常に」というワードが重い分、意識している人と意識していない人では大きな差が付きそうです。

意識しなくても常にできれば良いのだと思いますが、なかなか・・・。

 

「2.自分自身の価値を高める」ことは中小企業診断士は意識が高いです。

セミナー、プロコン塾への参加や他資格へ挑戦される方も多いです。

ただし「1.意識して相手の価値を高める」「4相手のために何が出来るかを常に考える」ことまでされている人は少ないのではないかと思います。

「自分の実力を高める」と同時に「相手の実力を高める」ことです。

 

本の中で作家ジグ・ジグラーの言葉が紹介されています。

「他人が望むものを手に入れる手伝いをしてあげれば、人生で必要なものを自分が手に入れようとする時、彼らが手助けしてくれるだろう」

人に与えられるように自ら向上し状況を改善していく。そして人間関係の中で互いに与え合って価値を高めていく。give&giveの精神です。

深いです・・・。

 

そして「7.次のレベルに高めてくれる人」についてです。

まずはジム・コリンズの言葉が紹介されています。

「人生で最も大切なのは、どんな人に出会うかという運である」

その通りだと思います。私はパワハラ上司と出会ったのも運でしょうね。

しかし、それが中小企業診断士資格を取得した原動力になったことは間違いない訳で・・・。

著者は「豊かな人生関係を築くためにはそれを可能にしてくれる人と巡り合う必要がある。あなたを次のレベルに高めてくれる10人の近くにいろ。」と述べています。

ただ漫然と出会いの機会を待つのではなく、自分から意識的に動くことが重要です。

 

中小企業診断士に合格すると人間関係は確実に広がります。

ただし、「人間関係をどのように築くか?」

これを意識しないと、ただ人間関係が広いだけに終わるような気がします。
Facebookに話した事な無い友達ばかりになったりして・・・。私のことですが。

 

今日はこのへんで。

猫クリック再開しました。是非クリックしてやってください。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村